快適な環境づくりに|安全に乗り降りするために|エレベーター保守点検は定期的に
集合住宅

安全に乗り降りするために|エレベーター保守点検は定期的に

快適な環境づくりに

集合住宅

防犯体制を強化

最近では、マンション等で入口にドアロックなどのセキュリティをかけているにもかかわらず、住居者を装って建屋内部に侵入するような手口の犯行が発生しています。そのため、住居者に煩わしくならなく、その上プライバシーを確保しながら、未然に犯罪を防ぐような対策が求められています。そういった対策の一つに、エレベーターに防犯システムを組み込んでいくことも進められています。よく犯罪が行われた場合の報道の中には、一部に死角があるために、十分に操作が進まなかったということがあります。あるいは、犯人がその死角を把握していた、といったものもあります。そういったことを避けるためにもエントランスからエレベーター、そしてエレベーター内部の映像と、いつでもコミュニケーションをとることのできるシステムの導入が進められています。

正常で当たり前

こういったエレベーターを含むインフラは、利用者にとっては正常に動くことが当たり前、という認識を持たれています。そのため、異常が発生してから対処するという体制では十分とは言えないため、普段から厳格なメインテナンスを行うことが求められます。そして、安全性を確保することはもちろんのこと、利用者が快適に使用できることを確保する必要があるのです。そのためには、適合法律を守ることはもとより、その設備に合わせた定期的な各種保守点検を設定して、そのプログラムを確実にこなしていくことが求められます。そういった定期点検を行うためには、エレベーターを熟知した信頼できる専門業者と契約することで、維持していくことができます。